> お客様サポート > キャッシングの基礎知識 > 無理なく返済するためのコツ

ブラックでもお金を借りれる消費者金融、融資可能な銀行はある?

金融ブラックになってしまっている場合、その時点でお金を借りられないのではと不安になる人もいるのではないでしょうか。結論からいうと、確かに借入は難しいですが、必ずしも不可能ではありません。

本記事では、ブラックでも融資を受ける方法や注意点などについて解説します。最後までご覧いただくことで、現在の資金難解決につながるでしょう。

また「いつも」のフリーローンは、信用情報に不安がある方でも即日融資できる可能性があります。

【「いつも」のフリーローンの特徴】

  • お申し込みはインターネットから24時間365日いつでも可能
  • 即日融資&スピード対応(最短45分で融資可能な場合も)
  • PayPay銀行口座お持ちの方は返済時の振り込み手数料無料、いつも×PayPay銀行のキャンペーンページから口座開設していただくとキャッシュバック1,000円

キャンペーン詳細を見てみる

興味がございましたら、ぜひ下記のリンクから詳細をご覧ください。
いつものフリーローンの詳細を見てみる

ブラックでも借入できる消費者金融はある?

比較的審査が甘いとされる消費者金融ですが、金融事故を起こしてしまった人でも借入できるのでしょうか。以下の見出しでは、上記の疑問に答えます。

中小消費者金融であれば貸付OKの可能性がある

中小消費者金融では、ブラックリストに登録されている人でも借入できる可能性があります。なぜなら、大手消費者金融よりも審査基準が緩やかな傾向があるためです。

また中小消費者金融の場合、独自の審査基準を設けていることもあります。そのため、大手消費者金融からの融資を断られてしまった場合でも、審査に通るチャンスがあります。

ただし、あくまで比較的融資を受けられる可能性が高いに過ぎないため、必ず借入できるとは限りません。実際に融資を受けられる確率は、ブラックになっている理由や収入など、個々の状況によって変わります。

ちなみに「いつも」も中小消費者金融であるため、信用情報に不安がある方でもお力添えできる可能性があります。お金でお困りの際は、ぜひご相談ください。

【「いつも」のフリーローンの特徴】

  • お申し込みはインターネットから24時間365日いつでも可能
  • 即日融資&スピード対応(最短45分で融資可能な場合も)
  • PayPay銀行口座お持ちの方は返済時の振り込み手数料無料、いつも×PayPay銀行のキャンペーンページから口座開設していただくとキャッシュバック1,000円

キャンペーン詳細を見てみる

興味がございましたら、ぜひ下記のリンクから詳細をご覧ください。
いつものフリーローンの詳細を見てみる

ブラックでも即日融資可能

ブラックリストに載っている人でも、中小消費者金融を利用すれば即日融資を受けられる可能性があります。その理由は、審査が甘いことによって、審査結果を早く出してもらえる傾向があるためです。中小消費者金融によっては、最短30分程度で現金を振り込んでもらえます。

とはいえ、具体的な審査期間は消費者金融によって異なります。よって、早急に資金調達したい場合は、最短どのくらいの期間で融資を受けられるか公式サイトなどで確認しましょう。

ブラックリストでも融資可能な銀行はある?

次に、審査が比較的厳しいとされる銀行ですが、こちらもブラックの人が借入できる可能性はあるのでしょうか。また、即日融資してもらえるかについても気になるポイントでしょう。以下の見出しでは、これらの疑問に回答します。

一応あるが正直厳しい

ブラックでも通る銀行は、一応存在します。しかし、実際に審査に通るのは正直厳しいです。

なぜなら銀行融資の審査では、信用情報機関のデータも重要な判断基準とされているためです。そのため、信用情報機関のブラックリストに載っている人は、審査で大きく不利になります。

特に大手銀行では、ブラックの状態で融資を受けられる可能性はほぼありません。地方銀行や信用金庫などの地域密着型の金融機関では、顧客との関係性や将来性を重視して融資を検討するケースがありますが、かなり限られています。

上記の理由により、銀行融資を期待するのはおすすめできません。よって、審査に通る可能性を上げたい場合は、中小消費者金融を選ぶのがよいでしょう。

即日融資はできない

銀行の場合、ブラックリストに載っているかどうかにかかわらず、即日融資は受けられません。銀行の審査では、警視庁データベースと申込者の情報を照合し、反社会的勢力との関わりがないか調査する必要があり、この作業に最低1営業日かかるためです。

銀行の審査は一般的に数日〜数週間とされていますが、警視庁データベースとの照合作業が必要なことも、要因として挙げられます。それゆえ、すぐにお金が欲しい場合は、銀行融資以外の方法を選びましょう。

信用情報ブラックになってしまうおもな3つの事由

信用情報ブラックになるおもな原因は、以下の3つです。

● 家賃やクレジットカード代金支払いを滞納する
● 借金の返済を滞納する
● 債務整理する

上記にいずれかに当てはまっている場合は、すでに信用情報ブラックになっている可能性があります。「自分もブラックかも」という心当たりがある場合は、CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)のサイトから確認できるため、ぜひ利用してみてください。

CICで自身の信用情報を確認してみる

1.家賃やクレジットカード代金支払いを滞納する

家賃やクレジットカード代金支払いの滞納は、信用情報ブラックになる大きな要因です。 支払いを滞納することで、信用情報機関に記録が残り、信用度が大きく低下する可能性があります。

例えばクレジットカード会社は、支払いの遅れがあると、その情報を信用情報機関に報告することが一般的であるとされています。特に3ヶ月以上滞納した場合は、ブラックリスト入りする可能性が非常に高いです。

信用情報ブラックにならないようにするためにも、支払いは遅滞なく行いましょう。すでに滞納がある場合は、できるだけ早急に支払いを済ませないと、ブラックリストからいつまでも削除してもらえません。

2.借金の返済を滞納する

借金の返済を滞納することも、信用情報ブラックになるおもな原因のひとつです。ほかの支払い滞納と同様に、情報は信用情報機関に報告され、信用を損なう可能性があります。3ヶ月以上の滞納はアウトです。

このような理由からも、返済計画を入念に立てることが重要とされています。返済計画の立て方は、こちらの記事で詳しく解説しているため、あわせてご覧ください。

参考記事:返済計画シミュレーションは金利や返済期間などの入力のみで返済額を計算できる

3.債務整理する

債務整理は、債務を減額したり免れたりするための手続きです。債務整理には、以下の4種類があり、それぞれブラックリストの登録期間が異なります。

債務整理の種類 概要 ブラックリスト登録期間
任意整理 将来支払う利息分を減額する 5年程度
特定調停 債権者との話し合いによって月々の返済額を調整してもらう 5年程度
民事再生 裁判所の許可を得て借金を1/5程度まで減額 10年程度
自己破産 裁判所の許可を得て債務を免除してもらう 10年程度

ブラックリストに登録されている間は、新たな借入れやローンの契約が困難になります。

債務整理は、どうしても借金の返済ができないという場合には有効な手段です。しかし、それ相応のデメリットがあるため、やむを得ない場合に初めて検討しましょう。

申込ブラックにも要注意

申込ブラックとは、短期間に多くの金融機関から借入を申し込んだ事実が、信用情報に記録されるている状態のことです。申込ブラックなっていると、金融機関に貸付リスクが高いと判断され、融資を断られることがあります。なぜなら、短期間に複数の金融機関へ融資を申し込んでいるということは、それだけお金に困っていると見なされやすいためです。

申込ブラックの情報が消えるまでには、最後の申込から6ヶ月以上かかります。融資を受けられるまでの期間がかえって延びてしまうため、申込は必ず1件ずつ行いましょう。

超ブラックでも借りれる方法はある?

超ブラックになってしまっている場合でも、お金を借りられる方法があるか気になる人もいるでしょう。また、そもそも「超ブラック」の意味がわからない人もいると思います。以下の見出しでは、これらの疑問に回答します。

そもそも超ブラックとは?

超ブラックとは、信用情報が非常に悪い状態のことです。超ブラックになる事由は、以下の2つです。

1. 総量規制の上限に達している
2. 他社からの借入の返済を滞納している

まず1について「総量規制」とは、年収の1/3以上の金額を貸し出してはならないという、金融機関に対する規制のことです。例えば年収300万円の場合は、総額100万円を超える借り入れはできません。

参照:1 お借入れは年収の3分の1までです|日本貸金業協会

2については、現在も返済を滞納しているということは、金融機関にとっては自社も同じリスクを背負う恐れがあると考えられます。そのため、返済滞納者への融資は行いません。

上記のいずれかに当てはまっている場合は、信用情報が超ブラックであるとされ、信用力は非常に低いとみなされます。

超ブラックの場合は絶対に金融機関からの借り入れができない

超ブラックの場合、金融機関から融資を受けられる可能性はありません。そのため、すでに超ブラックになってしまっている場合は、今の状態を解消するか、金融機関以外の方法で借入する必要があります。

超ブラック状態から抜け出すためには、返済を進めて現在の借入額を減らしたり、滞納している返済額をただちに支払ったりしましょう。金融機関以外からの借入方法には、おもに以下のものが挙げられます。

● アプリのローンサービス
● クレジットカードのキャッシング機能
● 親族や友人からの借金

上記については、こちらの記事で詳細を解説しているため、あわせてご覧ください。

参考記事:消費者金融カードローン以外で即日お金を借りる方法は?

ブラックの借金に関するFAQ

最後に、ブラックの借金に関してよくある質問に回答します。

金融ブラックでも絶対借りれる方法はある?

金融ブラックでも絶対借りられる方法はありません。ただし、融資を必要としない借入方法のほうが、資金調達できる可能性は高いです。また金融機関から融資を受けたい場合は、審査基準の緩い中小消費者金融を選ぶとよいでしょう。

また「いつも」も中小消費者金融であるため、信用情報に不安がある方でもお力添えできる可能性があります。お金でお困りの際は、ぜひご相談ください。

【「いつも」のフリーローンの特徴】

  • お申し込みはインターネットから24時間365日いつでも可能
  • 即日融資&スピード対応(最短45分で融資可能な場合も)
  • PayPay銀行口座お持ちの方は返済時の振り込み手数料無料、いつも×PayPay銀行のキャンペーンページから口座開設していただくとキャッシュバック1,000円

キャンペーン詳細を見てみる

興味がございましたら、ぜひ下記のリンクから詳細をご覧ください。
いつものフリーローンの詳細を見てみる

どうしてもお金を借りたい場合はどうすればよい?

どうしてもお金を借りたい場合は、クレジットカードのキャッシング機能や、親族や知人からの借金などに頼る必要があります。どちらも金融ブラックでも利用できますが、デメリットもあるため、慎重に検討してみてください。

「誰でもお金貸します」という宣伝文句は信じてもよい?

「誰でもお金貸します」「審査なし」という宣伝文句を謳っている金融機関は、100%闇金という違法業者です。闇金は法外な利息を請求したり、自宅への押しかけや職場への電話など過剰な取り立てを行ったりなど、非常に危険です。そのため、誰でもお金貸しますというような宣伝文句を標榜している金融機関は、絶対に利用してはいけません。

まとめ

ブラックリスト掲載者でも、中小消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどで、お金を借りることは可能です。ただし、できればブラックとなっている原因をまず解消するのが望ましいでしょう。また、「誰でもお金貸します」というような宣伝文句の貸金業者には、絶対に手を出さないでください。 また「いつも」のフリーローンは、信用情報に不安がある方でも即日融資できる可能性があります。

【「いつも」のフリーローンの特徴】

  • お申し込みはインターネットから24時間365日いつでも可能
  • 即日融資&スピード対応(最短45分で融資可能な場合も)
  • PayPay銀行口座お持ちの方は返済時の振り込み手数料無料、いつも×PayPay銀行のキャンペーンページから口座開設していただくとキャッシュバック1,000円

キャンペーン詳細を見てみる

この記事を書いた人

名前:鈴木 翔馬(すずき・しょうま)
所有資格:2級ファイナンシャル・プランニング技能士/宅地建物取引士
おもなキャリア:学習塾勤務時代のブログ運営経験で得たスキルを活かし、フリーランスWebライターに転身。 現在は金融・不動産ジャンルの記事をメインに執筆や監修を担当。SNSでは専業Webライターになるためのノウハウを発信中。趣味はアニメ鑑賞やカラオケ、読書など。